世界一早い初日の出


 皆さんはキリバスの国旗がどのようなデザインかご存知でしょうか。キリバスの国旗のデザインは、下半分が青と白い波線で太平洋を表しており、そこから半分だけ顔を出した太陽が描かれています。この海から太陽が昇るデザインは、キリバスが世界で一番早く太陽が昇る国であることに由来しています。

 キリバスのライン諸島は、タイムゾーンの時間が最も早く(UTC+14)、世界で一番早く新年を迎えることになります。

 日付変更線の西側に最も近い場所が1日を一番早く迎え、日付変更線のすぐ東側は最後に日の出を迎えます。しかし、ライン諸島は1995年以前まで日付変更線より東側に位置していました。
 キリバスはいくつもの島々で構成される国で、その島々は東西に広範囲にわたって散らばっています。そのため、ライン諸島より西側にあるキリバスの島々は、日付変更線より西側に位置していました。

 そのためキリバスは、日付変更線をまたぐかたちで存在することになり、同じ国でありながらライン諸島とそれ以外の地域で日付が異なっていました。同じ国なのに日付が異なるというのは不便だとし、1995年に日付変更線を東にずらし、ライン諸島が日付変更線の西側に位置するようにしました。

 ちなみに、サモアは新年の時期にサマータイムを実施しているため、タイムゾーンがキリバスのライン諸島と同じUTC+14となり、同じく世界で一番早く新年を迎えることになります。

02

Comments are closed.

TOP